遊び人がおすすめする口説ける店ヤレる店の見つけ方【デート】

レストランイメージ

 
女の子との最初のデートや、意中の子を口説きたいとき。
 
そういった場面では、ほとんどの人がまず「ご飯」を食べに行くと思います。
 
 
この「デートのお店」にこだわりを持っているか、そうではないかは口説きに影響します!
 
 
もし落としたい子との約束が決まってから「どこのお店にしよっかな~」と食べログでレストランを探しまくっているなら、それはやばいです。
 
お店は
 
「ムードのコントロール」や「距離を縮めるためのツール」
 
であり、意中の子を落とせるか落とせないかに大きく影響していますよね。
モテる男性は必ず「鉄板のお店」「勝負のお店」をたくさん持っていて女の子によって使い分けています。
 
そういうお店が無い人は、ぜひ自分だけのお店を探して口説きの鉄板のお店を見つけていきましょう!
 
大衆居酒屋、オシャレなイタリアン、静かな和食店、隠れ家のカフェ…
 
世の中には色々なレストランがありますね。
では女の子とのデート、口説きに適したお店はどのようなお店なんでしょうか。
 
結論から言うと「女の子によって違う」これが答えとなります。
 
たとえば女子大生を口説くとき。
 
彼女らは基本的にデートの経験がまだ浅いため、オシャレなレストランに連れていくとかなり喜んでくれますよね。
なんなら普通の居酒屋でも減点になりにくい。
 
しかしラウンジで働いている女子大生になると話は変わってきます。
彼女らは羽振りのいい金持ちとご飯に行くことも多いため、たいていの有名店は連れて行ってもらってます。
そのため、レストランで加点するのは難しいです。
 
手強い美人に至っては、普通のコスパの良いお店程度では「その程度の男」と足切りされることさえ。
人の金でお寿司とか行きまくってますからね。
 
ただ、多くの女性は「雰囲気がよく・チェーン店でない・味が不味くない」店であれば基本喜んでくれます。
 
そういうお店は少なくともストックしておいたほうがいいです!
 
婚活している人は逆にそれで不満を言う子はコチラから願い下げ。くらいのマインドを持っていてもいいと思います。(もちろん一流のお店も知っていることが大事)
 

デートや口説きに適したお店の特徴と選び方

 
デートに適したお店はどのような特徴があるか。
その特徴を考えてまとめてみました。
 

ゴールから逆算された場所にあること

デートにおいて「流れ」は非常に重要。
その日にゴールを決めたいときは特にです。
 
女の子は気分の生き物なので、一瞬その気になっていても、段取りが悪いとすぐ覚めてしまったりしますよね。
 
なので、考える隙を与えないゴールへの導線づくりを考え抜く。
そういう作業が勝てるか負けるかの勝負の時に勝敗が決まると思います。
 

口説くときは基本的にカウンターが良い

女の子を口説くとき、腰や手へのさりげないボディタッチは効果的。
 
さらに「ずっと顔を見つめ合いながら話すのは緊張してしまう」という人もいます。
なので安心して話せて、かつボディタッチしやすいカウンターは非常にオススメ。
 
ただ、上級者は対面形式のお店でも全然口説けるので絶対ではないです。
 
 

L字席はデートでは正直微妙

え!L字席はデートの鉄板じゃないの?と思う方が多いと思います。
ただ、自分はあまりお勧めしていないです。
 
理由は「今日は口説くぞ!」って感じでガッつき感が出てしまい、女の子が引いちゃうのと、L字席のお店でご飯がおいしいお店ってあまり無いからです・・
 
とくにL字の個室居酒屋みたいなところは、ご飯がめちゃくちゃ不味くないですか?
 
もちろん恵比寿のマディソンニューヨークキッチンみたいなL字席ならお店は素敵だし、いやらしさはないんですが
 
 
 
 

いろんなお店の雰囲気を知っておく

口説きたいときに「静かで雰囲気の良いお店に行かなきゃ!」と思うかもしれませんが、そんなことはありません。
 
ある程度ガヤガヤしたお店は話しやすいし、いいお店に行きまくっている美女を赤ちょうちん系の居酒屋につれていくのも面白いです。
 
1件目はガヤガヤしてお店にして、2件目に雰囲気の良いバーに連れて行ったらギャップを演出することもできますし。
 
とにかく、いろんな雰囲気のお店のストックを増やしておくことが大事ですね。
 
それを用途によって使い分けていくのがベストです。
 

場所も考える

どこで会うかもとても大事。
 
東京で言うと、二十代前半とかは渋谷とか新宿でもいいですが、お高いアラサーは渋谷と聞いただけでも吐き気がする人がいるみたいですよ・・・
 
なので、ある程度相手に合わせた雰囲気の町で会うことを考慮するのがベター。
 
あと家に持って帰りたいなら、かならず家に近い地域でお店に行くことが鉄則。(タクシー圏内)
 
家を使わないなら、ラブホのある地域のタクシー圏内が良いですね。
 
口説いた後に電車に乗ってしまうの、あれはダメです。
 
あの白色蛍光は女の子を一気に冷めさせる魔法の光です!
 
 
あと、お気に入りの街をみつけることが大事!
見つけたらその街で口説きたおす。
そうすることで街を知りつくすことができます。
そうすると街の雰囲気に慣れる。慣れは余裕を生み、オーラとして現れます。
 
その街のマスターになり自分の土俵に相手を引き込みましょう。
 
 

口説ける店ヤレる店の見つけ方

アポに適したお店はどういった方法で見つけるのが良いでしょうか。
 
 
ふつうは行きたい地域から「食べログ」などで検索しているかもしれないですが、それはあまりオススメできません。
 
 
なぜなら、実際の雰囲気と写真が違う場合があるからです。
 
もしネットで探すなら絶対にgoogleの評価等もチェックするのが良いです。
サイトのレビューは操作されている可能性があります・・・
 
絶対に食べログだけには頼ってはダメです!セカンドオピニオン大事。
 
自分的に一番いい方法は

一度その街に降り立って自分の足でお店を探すこと」です。
 
 
自分の足で探すメリットはたくさんあります。
 
まずお店の雰囲気を目で確かめることが出来ます
中をのぞくことが出来れば照明の明るさ、カウンターの席の近さ、雰囲気などを知ることが出来ます。
 
もう一つのメリットは、店の正確な場所が掴めるのでゴールへの導線がイメージしやすいことです。
 
 
ゴールとはラブホや家、タクシーを捕まえるスポットのことです。
 
 
 
たとえば渋谷でご飯を食べて道元坂のラブホに連れ込みたい場合。
 
 
まず道玄坂のラブホ街からスタートします。
行きたいホテルから近くの導線にぴったりかつ雰囲気の飲食店を自分の足で探しまわります。
 
 
この店いい!と思ったら、その飲食店をgoogle等でメニュー等を検索して詳細を調べていきます。良さそうなら鉄板店リストに入れます。
 
 
そんな店を1軒目、2軒目にわけて何件か作っておけば、心に余裕ができると同時にその街にも詳しくなれます。
 
店とゴールの導線の人通りが少なければ完璧です。
人目につくところでは攻めることも出来ないですからね。

自分の足で探すのが1番だと言いましたが、周りの遊び人に紹介してもらうのも最強です。
 
 
なぜなら友人が実際に足を運んでその店で口説いてみたレビューを聞けるから。そこにはエッセンスが詰まっています。
 
そういう友人がいれば紹介してもらったら良いと思います。
 
ここでは自分が見つけたとっておきのお店も随時紹介していくのでチェックしてみてください。
 
 
 
以上いつも自分がやっているデートに使うお店の見つけ方でした。
 
 
 
おわり

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です