会員じゃなくても入れる!美女と出会える手軽なラウンジを紹介する【東京】

encounter六本木

以前の記事「本当は教えたくない美女と出会う方法」でもお話しましたが、美女をゲットする上で一番難しいのは「美女と出会うフェーズ」ですよね。

最初は難しいですけど「美女がどこにいるか」という事を理解して戦略を練ると、どんどん美女と出会えるようになってきます。
彼女らの思考を知ることが大切なんです。

なので美女と出会える人は、美女の考え方を吸収するスピードが早いので、さらに美女との出会いを増やせます。美女の出会いスパイラルです。

なのでガンガン美女と出会っていきましょう!

この記事では、だれでも手軽に美女と出会う方法について紹介していきます!

美女と出会えるラウンジを活用しよう!

簡単に美女に出会うことの出来る手法。

その方法の一つに【ラウンジ】を活用するという方法があります。

ラウンジは、東京だと六本木や恵比寿青山等に点在する、いわば「キャバクラと素人」の中間のようなお店です。

もちろんラウンジに入る女性は、容姿等の面接をクリアした人たちで構成されているのでレベルが高いです!

この前、六本木で知り合ったラウンジ美女は「売れてない芸能系」とのこと。芸能の世界は、売れる前はお金が厳しいのでよくラウンジで働いていたりします。当然芸能系は容姿が優れた子が多いですよね。そんな子と出会えるのがラウンジなんです。

ほかにもラウンジで働いている女性は様々なジャンルに女性がいます。
キャバ嬢と併用している人、芸能人の卵、普通のOLなど様々です。

ただキャバクラと大きく違う点が一つあります。
これが自分がラウンジを進める理由。それは

ノルマ等が厳しく管理されているわけではないので「プロ意識」を持っていることが少ない

ということです。
キャバクラだと指名やリピート等が大きく収入に影響を与えるため、媚びてくることも多いです。そうすると本当の好意かどうか見分けるのは難しい。

しかしラウンジはそこまでノルマは厳しくないので、媚びてくる人はあまりおらず、対等に接してくる傾向にあります。

そこがキャバクラとの大きな違いです。

逆にいえば、ラウンジで働いている子は「素人的」「バイト感覚」のような子が多いため、付き合ったり魅了して男として認識してもらうことが可能なんです。(もちろん難易度は高い。)

多くのラウンジは紹介制が多い。コネが必要?

ラウンジいいですよ!といいましたが、難点として多くのラウンジは「会員制」であることが多いです。

「会員制」といっても敷居が高い物ではなく、一度行ってしまえば会員になれます。
しかしはじめは知り合いに連れて行ってもらわないと店舗に入ることが出来ないんです。

周りにラウンジに詳しい友達がいない人は、すぐにラウンジに行くことが出来ません。

じゃあ、結局あきらめたほうがいいの?

いいえ。紹介されなくても入れるラウンジはあります!!

MEMO
ちなみに美女が多いラウンジに行くなら

「BEKKAN (西麻布ベッカン) 」
「salon de motto (六本木サロンドモットー)」


等はかなり美女が多いトップのラウンジとなっているのでぜひ足を運んでみてください。(価格もたかいですが・・)

詳しいラウンジ情報もいずれ更新していく予定です!

会員じゃなくても入れるオススメのラウンジ【六本木,恵比寿】

この章では東京で、紹介制ではない2つのラウンジついて書いていきます。

それが

・六本木ENCOUNTERエンカウンター

・恵比寿TICKETS チケッツ

の2つ。
今回はそんな気軽に入れるラウンジ2店舗をレポートしていきます!

六本木 ENCOUNTER エンカウンター

1店舗目はラウンジの多い六本木界隈にあるエンカウンター。

http://www.en-counter.jp/(ホームページ)

エンカウンターは現在六本木店、銀座店、赤坂店の3店舗あります。

わたしは銀座店と六本木店に行ったことがあります。
クオリティは六本木のほうが高く感じたので、今回は六本木店について紹介していきます。

エンカウンターってどんな場所?概要

エンカウンターは会員制のジャズバーという形で運営しています。

場所は東京ミッドタウンの道路を挟んで向かいすぐ。

5階にあります。
 
東京ミッドタウンの向かいにあるビルの5階

入店して名刺を差し出すと、その場で会員になれます。

MEMO
新規入会するとキャンペーンで何かしらの特典等もついたりするのでホームページを行く前にチェックしてもいいですよ。

店内は本当にオシャレなバーと言う感じです。

ブレていますね。内装です。ソファ席もあります。

店員にうながされ席につくとシステムの説明後、ドリンクを注文します。
その後女の子をとなりに連れてきてくれます。

1人と喋れる時間はだいたい15分~20分ほど。けっこう短い。
それ以降は店員さんに呼ばれてバイバイです。その後は別の女の子が来てまたしゃべる…という紹介制ラウンジとほぼ同等のシステムで進んでいきます。

料金は女の子一人につき数千円。
かつ自分と相手のドリンク代がかかると行ったイメージ。

初回だとドリンク代、3人つけてもらえて10000円パックというものがあるので料金が明快でおすすめです。

さらに、もし話していた子が気に入ったら自分のところで「ステイ」させることが可能です。(料金はたしか3000円だった気がする)
ここがこの店舗のキーポイント!!

かわいい子はすぐキープされちゃうのでお気に入りの子がいればステイしたほうがいいです!

エンカウンターの女性の質は?

いちばん気になるのはどんな女性が来ているのかですよね!

数回通ってみた「ガチ」の感想を言うと

振り幅がすごいw

です。

可愛くない子もいますし、めちゃくちゃ可愛い子もいました。
正直そこは運によると思います。

前行ったときはとなりのおじさんがメチャクチャ可愛い子と話して悔しさが止まらなかったです笑

この運の要素は、ほかの紹介制のラウンジでも同じことです。


属性的には清楚系のOLのような人が多かったが、ギャルみたいな人もチラホラ。周りを見渡してもかわいい子は結構いたので一回通ってみてください。

あと、「ほぼ」素人が在籍しているということも特徴です。
いわば「お店」感が全然ない。なので一番戦いやすく難易度も低い!

素人感が好きな人はオススメなのでぜひ!

恵比寿 Tickets チケッツ

2店舗目は恵比寿にあるチケッツ。

場所は恵比寿西口のロータリー方面を出て恵比寿神社に向かい、さらに奥に行ったところにひっそりとあります。
地下にあるので、知らずに通ってもラウンジかは見分けが付きません。

内装はラウンジの中ではかなり豪華で、ドラマの撮影等にもよく使われるらしいです。(在籍している女の子談)

内装です。とても豪華。

チケッツ TICKETSってどんな場所?概要

チケッツは「紹介制ラウンジ」とシステムは全く変わらないです!

その中で、ラウンジにしては珍しく「紹介制」では無いので誰でも行くことが出来るのが一番の特徴です。
なので紹介制ラウンジにこれから行きたい人が雰囲気を味わうにはいい場所です。 (こういう場所に行くときは名刺を忘れずに!最初に渡します)

席につくとまずドリンクを注文し(ドリンクは別料金)女性を連れてきてくれます。

エンカウンターと同じように女の子と喋れる時間は一人20分程度。
その間に関係を構築する必要があります。

価格は3人ついて15000円程度。

注意しなければいけないのが、自動延長制なので帰る前に店員にお会計を言うか、あらかじめ店員に止めてもらいましょう。無限に女の子が来てしまいます笑

チケッツ TICKETSの女性の質は?

チケッツの女性の質は、一言でいうと「安定感」。

ラウンジの中でも女性のランクは中間的に位置していると思う。

結構可愛い子がいて、残念な容姿の子は少ないのでハズれることはあまりないと思います。(どこからハズレというかは難しいですが)

属性的には若い大学生の子とキレイ系のラウンジ特有の色気のある子に分かれている印象。

ただエンカウンターよりは素人感が一気に減るので難易度は高い。
20分でしっかり相手を魅了する必要がある。


ただラウンジの子に聞いても
お客さんと付き合うことがよくあると言っている子が結構いたので、落とせる可能性は充分にあります。

実際わたしはチケッツで働いている大学生と後日ご飯にいきました。

その後のことはご想像におまかせします!笑
面白かったので気が向いたら今後記事にします。

ラウンジでは普通に出会える

ラウンジは出会いにお金が発生するから「お店の女の子」って印象が強いと思います。しかしそんなことありません。本当に普通に出会えちゃう。

友人にラウンジに通いまくって落としまくっている猛者がいるのですが、20人くらい落とせたそうです笑 これはさすがに化け物ですが・・

運の要素とお金の要素が必要となって来ますが、コツをつかめば美女に効率的にアクセスできる方法なのは間違いないです!

自分も出会いの方法の一つとして組み込んでいるので、皆様も一度通い詰めてみてはいかがでしょうか。

攻略法は別途書いていくので乞うご期待です!

おわり。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です